医学部受験なんてカンタンだ!

しっかりと見極めよう

2014年10月26日(日曜日) テーマ:地域

実際にノートPCのディスプレイの前に座り、いつも動いている市場を眺めていると、売買をしなくてはいけないという抑えようの無い感情が沸き起こる事も少なくないだろう。

 

しかし、なんとなく思いつきで取引するのは決してしてはいけません。

 

事実、外国為替市場は年中いずれかの国で為替市場が関いているし、マーケットも休みなく、動いています。

 

しかし、頻繁に売り買いをすると、その分損失が生じる確率が高まってしまう。

 

当然、トレードの回数を積み重ねる事で結果的に儲けられる確率が50%、50%になっていきます。

 

しかしその事は「漠然とした感覚で取引」することとは話が違います。

 

売り買いの回数を積む事の意味は自ずから「ここは勝てる」と思いついた自信を得られたケースでのエントリー回数を重ねるという事を意味します。

 

特段の理由も無く、休む間もなくトレードを経験するのとは明らかに違う。

 

マーケットの駆け引きに負けないためには、意識的にメリハリをつけることこそが重要です。

 

「ここはいける」と感じたマーケットの時には、迷わずポジションを買い増して覚悟を決めて儲けを追求します。

 

「かなり頭をかかえる相場でどう動くのかわからないな」と感じた時は諦めて所有ポジションをひとつも残さないで閉じて静観します。

 

それぐらいのけじめがあったほうが、最後に売買はうまくいくものだ。

 

マーケットの名言には「休むも相場」というものがある。

 

本当にその通り。

 

相場とは、売買ポジションを保持する事が肝心な事ではなくどの売買ポジションも持たずに待っている事も、FXです。

 

じゃあ、どの場面で休むべきなのでしょうか。

 

ひとつめは、前述の通り、最近のマーケットが今ひとつよく見えない時。

 

高くなるのか安くなるのか判断できない時は間違って判断すると、自分の考えた台本とは逆方向に外国為替相場が動いてしまい損してしまいます。

 

そのため、そういった場面ではポジションを整理して様子を見ているのが唯一出来る事です。

 

次に、あなた自身の体の調子がすぐれない時です。

 

健康状態と為替相場に関係ないと考える投資家もいるでしょうが実は考えている以上に関係があります。

 

体の調子がよくなければ相場の決断しなければいけない場面で正確な決定をする事ができない。

 

関心がわかない時は、取引から遠ざかる事も肝心な事です。