医学部受験なんてカンタンだ!

つらい関節痛を防止するためには

2014年10月31日(金曜日) テーマ:

膝や腰などの関節痛は元気な日常生活を送るのに支障を来たすこともあります。
そんなつらい関節痛は一体どのようにして防止すればいいのでしょうか。
関節痛を和らげるには、日々の生活の中で正しい姿勢を維持することがとても重要になってきます。
最も良くない姿勢は猫背です。背中が丸まることで頭部が身体の前方へ飛び出てしまいます。
それを支えようとすると関節に負担がかかり痛みが生じてくるのです。
まずはお尻に力を入れて、背筋を伸ばし腹筋を使って姿勢を正しくしましょう。そうすると関節にかかる負担が軽減されてきます。
次に重要なのは適度に運動をすることです。
関節痛があると運動をするのもつらいかもしれませんが、激しい運動をする必要はありません。ゆっくりウォーキングをしたり、ストレッチをするだけでもいいのです。
年齢を重ねると筋力が落ちてしまい、姿勢の維持が難しくなります。
姿勢の維持ができなくなると無理な体勢を支えるために関節に負担がかかるという悪循環が起きるのです。
正しい姿勢を維持するのは突然身に付くことではありませんが、決して難しいことではありません。
毎日の意識を変えるだけで関節痛の防止につながるのです。
詳細はコチラから確認しましょう。